クレジットカードがあれば海外旅行保険は不要?!

海外旅行に出かける際に気になるのが、現地での急な体調不良や事故などによるケガの心配です。せっかくの旅行が台無しになってしまうだけではなく、慣れない海外の病院に行くだけでも不安がいっぱいです。そんな時に役に立つのがクレジットカードです。多くのクレジットカードは海外旅行保険自動付帯サービスというものが付いていて、海外に出かける際にわざわざ保険に加入する必要がありません。また、事前に調べておけば現地の病院の中でも日本語が通じる病院を利用できることもあり、海外旅行中の不安を少しでも拭い去ってくれます。クレジットカードの種類によってはキャッシュレス診療(現金を払わずに診察・薬の処方)を行っているので、手持ちの現金の心配をする必要もありません。

海外旅行保険よりもさらに便利なクレジットカードの保険

クレジットカード自動付帯サービスの海外旅行保険は、短期間の旅行の場合なら海外旅行保険に加入していくよりも様々な面で便利です。例えば、空港や旅行会社を通して加入する保険の場合、旅費とは別の出費がかかることになります。せっかくの海外旅行にお小遣いをいっぱい持って行きたい人にとっては、少し痛い出費になってしまいます。さらに、加入型の海外旅行保険の場合は、帰国後再び海外に出かける時にもう一度入りなおさなければなりません。一方、クレジットカードに付帯している海外旅行保険なら、帰国した時点で一度リセットされ再び海外に出かける時も手続きなしで保険が適用されます。このように何回でも利用できるクレジットカードの海外旅行保険の方が断然便利でお得なのです。